夜逃げを失敗しないために必要なこと

夜逃げは借金から逃げるための最終手段です。夜逃げに成功して逃げ続けることが出来たなら借金の返済も免れます。

しかし、夜逃げをして借金から逃げ続けることは容易なことではないのです。

夜逃げしてからも、いつ金融業者に見つかってしまいから、取り立てが来るのではないかと恐怖に震える毎日を送ることになりますし、借金がなかったときの生活取り戻せるものではないのです。

それでも夜逃げしなければならない事情がある人のために、夜逃げに失敗しないために絶対に知っておくべきことを説明します。

夜逃げは準備を怠れば失敗する

夜逃げは絶対に失敗が許されません。失敗しないためにも準備が必要ですし、準備の期間は長ければ長いほどいいです。

準備をしないで見切り発車で夜逃げを実行したら間違いなく失敗しますし、夜逃げ先がすぐにバレてしまい、さらに激しい取り立てが行われることになってしまいます。

夜逃げ当日に素早く行動が起こせるよう持っていく荷物を最小限にまで減らします。夜逃げを成功させるには目立たないよう行動しなければなりません。

荷物が多ければそれだけ目立つしまいますので、荷物は極力少なくするようにしましょう。

持っていく荷物が決まりましたらダンボールに梱包しましょう。梱包の際には荷物を早く持ち運びができるよう工夫しておくことが肝心です。

固定電話と携帯電話を解約する

特に携帯電話は身元がバレやすいですので、現在使用している携帯電話は解約してください。携帯電話は一度解約しても次に契約することは難しくありません。

携帯電話の新規契約に必要な書類は身分証明書ですので住民票は必要ありません。夜逃げ先で住民票を登録することはありませんので、そのような場合でも携帯電話の登録はできますから安心してください。

夜逃げ先の住居を確保しておく

当然ですが夜逃げ先で生活しなければなりません。住むところがなければ生きていくことはできませんから物件を見つけておきましょう。夜逃げを実行してから暮らせるよう入居日をきちんと決めてから夜逃げを実行してください。

夜逃げは夜に行うと目立つ

夜逃げだからといって夜に行わなくてもいいのです。むしろ夜だと荷物の運び出しの時に騒音になりますし、夜に引っ越しをする人なんていませんから、却って目立ってしまうので夜逃げしていることがすぐにバレてしまいます。

夜逃げするときはとにかく目立たないように行うことです。 取り立てを行っている金融業者も昼間に正々堂々と夜逃げ(引っ越し)するとは思いませんから、その裏をかいて昼に夜逃げをします。

ただし素早く行えるよう説明しましたように荷物は最小限に留めて、すぐに移動できるような準備をしっかりしておいてください。

夜逃げ先は二段階

夜逃げ先ですが2段階の設定をしておきます。最初の夜逃げ先は一時的に身を隠す場所です。

1週間程度になりますがビジネスホテルやカプセルホテルで過ごすようにします。ネットを使えるネットカフェもいいでしょう。

ただし、お子さんがいる場合は、一週間でも過ごすにはあまり環境が良い場所ではありませんので、 無理は決してしないでください。

新たな住居に夜逃げしてすぐに移動しないのは、お金を借りている金融機関に見つけられないためですので、ほとぼりが冷める期間が必要なのです。

夜逃げする覚悟

夜逃げをするのでしたら最後まで逃げ通す覚悟がなければ成功できません。

夜逃げ先は夜逃げ屋に相談することで確保できます。夜逃げ屋は全国各地の不動産会社と提携していますので、予算に応じて住むことができる安い賃貸物件も相談してもらえます。

快適な住居とは言えないかもしれませんが、最低限の生活を送るためには住まいが必要となります。

それでも住居を見つからないのでしたら、家具を備え付けられているマンスリーマンションを利用しましょう。

マンスリーマンションは礼金敷金がありませんし入居と退去の手続きも簡単にできますので、夜逃げ先としてはぴったりです。

夜逃げ先はあまり田舎すぎるところは避けておきましょう。少ない田舎ですと新しく引っ越した人は却って目立ってしまいます。

人の移動が激しい都会の方がむしろ目立ちません。田舎だと何かと不便なことが多いですから、都会の方が便利ですし、これから生活していくための環境も整えていく必要があります。

住民票の移動は時間が経ってから

夜逃げをしてバレてしまう最も大きな原因が住民票を移したからです。

ですので住民票は夜逃げをしたら移してはいけません。たしかにに住民票を移さないデメリットがたくさんあります。

正社員として就職することはまずできなくなりますし、 運転免許証の更新もできなくなります。

しかし、夜逃げ先がバレてしまっては元も子もありませんから、住民票を移すのは時効が成立し借金返済の義務がなくなるまで待ちましょう。

夜逃げは借金から逃れるための最終手段

最後にはっきりお伝えしますが夜逃げは借金から逃れるための最終手段です。時効が成立するまでの長い期間、いつ見つかってしまわないかと怯える日々を過ごさなければなりません。

それに負けないだけの覚悟があるのでなければ夜逃げはするものではありません。

住民票を移せなくなると生活範囲は限られてしまいまし、 まともに働くことだってできなくなりますから、収入だって不安定になってしまいます。

それでも夜逃げしか生きる手立てがないというのでしたら、絶対に見つからないようにする。それだけは忘れないでいただきたいです。

Posted by admin