夜逃げを成功する方法はあるのか?

夜逃げをしなければいけない事情は借金から逃れるため以外にも、DVの夫から逃げるため、ストーカーから逃げるためなど様々な理由で夜逃げをした人がいます。

夜逃げは今そこにある危機的状況から逃げ出すための最善の方法とはなりません。夜逃げをしたからといって問題が解決できるわけではないですし、 事態をさらに悪化させてしまうこともあります。

それでも問題解決の手段が夜逃げしかない場合には、夜逃げを絶対に成功させなければなりません。

夜逃げを成功する方法を検証しましたので、夜逃げを考えている方は最後までお読みください。

夜逃げの成功は準備次第

夜逃げしなければいけない切迫した事情があから、録に準備をせずに着の身着のままで夜逃げする人が多いですが、それでは間違いなく夜逃げが失敗しますし、すぐに居場所が突き止められてしまいます。

夜逃げが必要な追いつめられているのでしたら冷静に物事を考えることはできないとおもいますが、そんなときこそ落ち着いて冷静に考えましょう。

夜逃げしたとしても、夜逃げ先で生きていかなければなりませんし、住むところがなければ生きていくことはできません。ですので事前に夜逃げ先の住居を確保しましょう。あてもなく夜逃げすることだけは絶対に避けなければなりません。

働ける場所を見つけておく

住まいを確保しましたら続いて働ける場所を見つけておきましょう。生きていくためにお金が必要ですし、働かなければ無収入の状態が続いています。

無収入で家族がいるのでしたら夜逃げ先で路頭に迷わせてしまいます。しかし、正社員として雇う会社に就職するには住民票が必要となります。住民票が本人の確認となりますが、 本人確認できない人間を雇う会社はまずありません。

日雇い労働は住民票を求められないことは多いですが、住民票を求められないのと引換に給料はどうしても安くなってしまいます。

健康保険にも加入できませんし、労働中に負傷した場合でも保証を受けられません。

それでもお金が必要ですから働かなければなりません。夜逃げ先で収入がないのでしたら、夜逃げが失敗することは間違いありません。

夜逃げをすることを誰にも話さない

夜逃げをすることを決めてもそれが事前にバレてしまっては元も子もありません。

それは自分の子供であってもです。子供の口からバレてしまうと近所にあっという間に広まってしまいますし、取り立てをしている金融業者に夜逃げをしようとしていることが分かってしまえ警戒がさらに強まるでしょう。

夜逃げの荷物は最小限に

夜逃げする時に持っていく荷物は最小限に抑えましょう。荷物が多いと移動の際に目立ってしまいますから夜逃げしていることがバレバレです。

夜逃げするのであれば、まずは逃げ切ることを優先的に考えましょう。無駄に荷物が多ければ行動が制限されてしまいますし、夜逃げが失敗する確率がさらに高くなってしまいます。

本当に夜逃げをしなければならないのですか?

夜逃げの方法について説明しました。よほどのことがない限り夜逃げをしようと考えないと思いますが、 切迫した状況では夜逃げを選ぶしかないところまでに追い込まれることだってあるでしょう。

だからこそ本当に夜逃げをすべきなのか、夜逃げ以外に選択肢がないのか考える冷静さを持つことが重要です。

夜逃げはリスクが大きいですので積極的にすすめることはできません。夜逃げによって失われることが多いのです。

たとえ借金が逃れるためのように夜逃げだとしても、 借金返済の義務がなくなる時効の消滅まで逃げ通せるものではありません。

夜逃げが失敗してしまいますと夜逃げ先で怯えていた日々が無駄なものとなってしまいます。

ですのでより夜逃げの方法を考える前に、夜逃げ以外の方法を考えていただきたいです。

あなたにとって最善の方法を見つけてください。