夜逃げをしても借金問題を解決できるのか?

借金の返済が滞ってしまい金策も尽き果ててしまい、これではもう借金が増えるばかりだ…

そこまで追い詰められてしまえば借金から逃れるために夜逃げしてしまおうと思うかもしれません。

しかし、夜逃げをしたからといって借金問題が解決できるわけではありませんしデメリットも非常に大きいのです。

借金の消滅時効

借金から逃れるために夜逃げするのは時効が成立して借金を帳消しにするためですよね?

消滅時効が10年だとすれば10年逃げ通せば借金返済しなくてもいいと考えるかもしれませんが、そういうことではないのです。

債権者である金融業者が時効の中断の手続きをすることで時効の中断となります。

時効の中断とは時効が進行する時計の針を止めるということです。それによって時効の消滅期間の10年間を逃げ通したとしても借金返済義務が続くというわけです。

金融業者は貸したお金を取り戻すために夜逃げを許しません。時効の中断の手続きをしますし、夜逃げした債務者の居所を探します。

借金返済の義務がなくなるまで逃げ通すことはよほどのことがない限り無理ですし、夜逃げをした多くの人が失敗に終わってしまうのです。

それでも夜逃げをするなら

映画やドラマで夜逃げをするシーンを見たことはあるのではないでしょうか。

夜逃げではなく普通に引っ越しすればいいかと考える人もいるかもしれませんが、それでは業者から引っ越し先が分かってしまいます。

夜逃げをするなら夜逃げ専門の業者に依頼しましょう。夜逃げ当日だけでなく夜逃げ先を確保したり、夜逃げ後のサポートをしてくれる業者もあります。

ただし夜逃げをするにもお金が掛かります。もし夜逃げが失敗してしまい金融業者に居所が見つかってしまえば夜逃げ費用も無駄になってしまうことを忘れないでください。

夜逃げをしても苦労するだけ

金融業者に居所を見つけられないために住民票を移さなければ、身元確認ができなくなりますので正社員として就職することがまず不可能になります。

働くことができたとしても日雇いや短期間のバイトなど不安定になりますので生活していくのが厳しくなります。

健康保険にも加入できませんのでもし病気をしてしまったら全額負担になってしまいます。

病気にならないようにしていたとしても不測の事態はいつ起きるかわかりません。

夜逃げをしたら借金返済が帳消しになるまで逃げ通さなければなりません。 ひっそり隠れて暮らし続ければいけませんし、今までの人間関係も経たなければなりません。このような状況では夜逃げをしたほとんどの人が精神的にもたなくなってしまい、 最悪の事態を招いてしまうこともたくさんあるのです。

夜逃げをしなくてもいい時代に

デメリットが覆い夜逃げですか近年では夜逃げする人が激減しています。

ネットの普及により債務整理の情報を手軽に調べられるようになりました。ネットでは債務整理に精通している弁護士に匿名で無料相談できるようになっていますし、アドバイスを受けられる機会が増えたかのも夜逃げが減った大きな要因のひとつです。

貸金業法の改定により厳しい取り立てが減少した

貸金業者に登録されている正規の業者でも厳しい取り立てが過去には当たり前のように行われていました。今では非合法の闇金ではない限り、催促の方法まで細かく規定され、厳しい取り立てが行われなくなっています。

借金が払いすぎていた場合は過払い請求できますので、状況はかなり改善されているのです。

債務整理がしやすくなっている

法律が整い債務整理が債務者にとってやりやすくなっており、夜逃げ以外の借金問題の解決方法として選ばれています。

債務整理はいくつか種類がありますが、 自己破産は返済が免責されます。

他にも政務整理よって返済継続可能であった場合は、月々の支払いが可能な額にまで軽減され、無理なく借金を完済できるようになります。

債務整理についても弁護士が無料相談に応じています。法テラスで債務整理を依頼すれば費用の後払いを受けられますので、夜逃げを考えているのでしたらまずは弁護士に相談するなどして解決の道を探っていただきたいと思います。